大分県の名産はカボスですが、
このつぶらなカボスを飲んだときはその美味しさに衝撃が走りました。
これ、飲めるっ!!!
当たり前だと思われるかも知れませんが、実は私すっぱいものが大の苦手で、
グレープフルーツにはいつも砂糖をかけて食べていました。
友達が目の前でレモンを食べた日には、嘘でしょう!!!レモンそのままって・・・、
私には出来ないと、即効、なかったことにしたくらいです。
つぶらなカボスとの出会いは
郵便局のお取り寄せお中元として好評で、
その関連なのか、職場で頂いたのです。
飲む前は、すっぱいと嫌だなあ、残すかも知れないと悩んで一口飲んだら、
美味しい、何、コレ、程よいすっぱさって、このこと?
夏みかんの粒が入っていて、これもそんなにすっぱくなく風味を増しています。
姑さんがいよかんを箱買いするタイプで、いつもお世話になっているので、何かを買って渡してはいますが、
このつぶらなカボスにしよう!と決めて渡したら喜ばれました!
二ケースで無料になるので、二ケースを購入し、自宅からは夫に30缶運んでもらいました。
え、夫?運んでくれましたよ。自分の母でしょう!とか、鬼嫁?な私に命じられて仕方なく運んでいました!