白い恋人はISHIYA石屋製菓のお土産で、長年、多くの人々に親しまれています。

サクサクのラングドシャークッキーはもちろん、
北海道産のバター、牛乳、卵をふんだんに使用し、
クリーミーで甘く、気がつけば1箱全部食べていたという経験はありませんか?

コーヒーや紅茶とよく合うお菓子です。
白い恋人という名前は、北海道の広い大地と豊穣、雪の景色を連想させ、
一口かじると北海道へ旅をした気分になります。
「お菓子には人の心を豊かにする力がある」
という、キャッチコピーそのものの豊かさが「白い恋人」にはあります。

昔のクッキーのお土産は缶に入っていて、
どこのお家の戸棚やローテーブルに有るような缶で懐かしい感じです。
桑田圭祐さんが「白い恋人達」を歌ってから、
更にこの白い恋人の世界観が広く、深くなりました。
最近では北海道のお土産として、現地購入するのではなく、
北海道へ行って手ぶらで返り、ネットで注文したものをお土産にする方も増えました。
帰省土産や海外在住の方へ、日本代表のお菓子として購入される方もいらっしゃいます。

第49回厚生労働大臣賞受賞の「ずんだもち」は
しろいもちの上に、ふんだんに枝豆をすりつぶしたものが入っていて、
その緑は見た目も美味しく、昔からの枝豆をすり鉢でする製法で作られています。
枝豆なので、栄養価も高く、保存料・合成着色料」は
一切入っていません。
風味豊かで優しく、懐かしい味がします。
解凍して4時間前後が食べ頃ですが、少しコツが入りますね。
自身の好きな解凍具合があります。
ずんだもちは「ずんだスイーツ」として流行し、
東北地域を越えて流行してます。
この「ずんだ」の本当の意味がちょっと怖いって知っていますか?
「ずんだ」は「半殺し」という意味があることを東北の方から聞きました。
枝豆を半分潰すという意味です。
昔、お家で作るときは「半殺し」にしよっか~などと言いながら
ずんだもちを作っていたとか。
じゃあ、こしあんは「皆殺し」なの?と疑問に感じたのですが、
静かに微笑まれ、聴けずじまいでした。
普通に使われているようです。
ずんだもちを好きな時間まで解凍して開けたら、
豆の状態を確認してください。
「あ、これが半殺し・・・」
爽やかな緑の枝豆がそういう状態になっていて、
美味しい。
是非、確認してください。

仙台名産北上京だんご本舗「ずんだもち」

仙台名産北上京だんご本舗「ずんだもち」
価格:756円(税込、送料別)

仙台名産 笹かまぼこ食べ比べがなんと、10枚入り3種類、30枚入って1296円というお手ごろ価格で販売しています。
笹かまぼこの有名メーカー、「佐々直」「まるご」「カネサン」の笹かまぼこが食べられる夢の饗宴商品。
食べ比べてくださいとメーカー3社の合同制作なので、楽天「練り物」ジャンル第1位の商品です。

そのまま召し上がるも良し、わさび、わさび醤油、生姜醤油、マヨネーズなど、
お好みのものをつけてみても美味しいです。

また、おもてなしには笹かまの横に包丁を入れて、しそ、きゅうり、梅肉、チーズ、昆布の佃煮などをはさむと、
お酒の供に美味しく召し上がれます。
天ぷらにしても美味しいです。
おやつにつまむというのもいいですし、
夜、小腹が空いたときにも、1枚、約49キロカロリーで、
満足感があり、嬉しいことにビタミンDも含まれています。

笹かまぼこを召し上がったことがない方、
食べやすく美味しく、お子様のおやつにもオススメです。

このセットは入門編、あるいは笹かま全部を召し上がられた方が原点に戻るための商品です。
ちょっとした、酒の友、おやつにいかがですか?

大阪王将から、家族に嬉しい「選べる餃子セット」が通販で購入できます。
餃子は5種類の中から選べます。
にんにくやにらが大好き!という方もいれば、
仕事へ行くのに匂うものは、ちょっとなあという方、
がっつり食べたい、あっさり食べたい、そういう幅広いニーズに応えた「選べる餃子」は
以下の5週類から選べて
元祖肉餃子・・・定番が食べたい!
七野菜餃子・・・野菜を摂りたい!
肉餃子あっさり味・・・あっさり、でも肉は食べたい!
スタミナにら餃子・・・パワーをつけたい!
ジャンボにら餃子と水餃子・・・水餃子派、ジャンボを食べたい!

しかも、50個も付いているのです!!!
更に!人気の
唐揚げ、炒めシャーハン、大粒肉シュウマイがセットになっています。
ホットプレートで餃子を焼いてパーティーっぽくするも良し、
子供さんが遅く起きるので餃子を焼いて仕事へ行くのも良しです。
また、急にしんどくなった・・・というときに買い置きがあれば、
焼くだけで出来ますので、緊急時の食事としても重宝します。

大阪王将の選べる餃子セット、お手軽で美味しいので、
家へ帰ると家族が食べていた!ということも。
ぜひ、お試しください。

大阪といえば、551の蓬莱
「551があるとき」「551がないとき」のフレーズ
を知っているのは大阪府民の常識です。
551の蓬莱の
豚まんは玉ねぎの甘い味と豚肉のハーモニィが見事です。
1~2個でお腹一杯になるので、
忙しい朝のために買い置きしておくと便利です。
温めた肉まんを手に取っただけで、気持ちがほっこりとしますね。
肉汁が皮にしみこみ、
具だけでなく、皮もふわふわ、しっとりで美味しいです。

また、甘酢団子も名前の通り、
甘酸っぱいたれがたっぷりとかかって、
これだけでも美味しいのですが、
玉ねぎ、ピーマン、パプリカを炒めたものと混ぜると
晩御飯のメインになります。
お皿に盛ると、今夜の晩御飯美味しい!と家族が喜びます。

残りのたれをご飯にかけたり、
卵焼きにかけてかに玉風にしたりと
たれまで美味しく使えます。

551の蓬莱のファンやお試しで食べたい方には
このセットがオススメです。

551の蓬莱の肉まんだけを知っているのはツウじゃありません。
えびシュウマイ、シュウマイ、餃子も、もちもちの皮で包み、
しっとり、ジューシーで
やみつきになるほど美味しいです。
まずは、食べてみてください。