長野県、信州りんごパイは、りんご好きにはたまらない、りんごが1個まるまる入っています。
切り分けて食べますが、他のお菓子にはない満足感があります。
まるまる入っているのでりんごを包むパイも味がしみて美味しくて、
りんごそものも、信州産のあまずっぱくて、サクサク、しっとりとした味です。
数年に1回近所のスーパーで売っているときは、はりきって購入しています。
芯の部分のクリームも美味しいのですが、りんごのどっしり感は半端がないです。
小さい箱なんですが、りんご1個の重みがあって、プレゼントにもぴったりです。
というか、私がほしいのでまとめて買いますね。
家族が1人1個!と主張する前に隠しておかなければ。
りんごケーキやりんごパイにはホイップクリームも合いますね。
お友達が来たときに、まるまるの状態を見せて、ホイップクリームやバニラアイスを添えてもよさそうです。
日照時間が長く、夜が短く寒い長野では美味しいりんごが沢山取れるようです。
りんご狩りとかにもあこがれますが、忙しい方はこちらのりんごパイで満足感を得ましょう。

このめんたいマヨネーズは便利です。
じゃがいもを茹でてポテトサラダにあえたり、トーストが焼ける前にちょい塗りしてめんたいこマヨネーズトーストに。
パスタにあえたらめんたいこスパゲティーがあっという間に出来上がります。
子供のお弁当にいいですね。
ポテトサラダ、じゃがいものグラタンを作るように、レンジでチンしたじゃがいもに、
このめんたいマヨネーズととろけるチーズを乗せて焼くと簡単な1品が出来る。
お料理に色々活用できて、風味も豊かです。
やはりめんたいこで有名な博多のメーカーが作っているだけあります。
本州には上陸していない商品で博多でしか販売されていないものが通販で購入できるようになりました。
そのままご飯にかけて召し上がる方も多いです。
ちょっとピリカラですが、子供も好きな味です。
これ1本あったら便利です。
ポテトサラダに少しずつ使っていても1ヶ月であっという間に無くなってしまいました。
また、ほかの物と合わせて送料無料にして購入予定です。
友達に買ってきてと頼むのも少し重い商品なので、ほかの物と合わせて通販がオススメです。

高くてスーパーのうなぎが買えない。土用のうしの日に気軽な感じで楽しめなくなりました。
このひつまぶしはお茶碗に盛る小サイズ×3ですが、それでも、断然美味しいし、
スーパーモノとは比べ物にならない名古屋モノということで重宝します。
たれがしっかりとしていて、たれだけでもかなりいけますが、
愛知県産のうなぎ100%を使用しているので、安心で、美味しく頂けます。
この商品も食の細い高齢者へお勧めです。
食欲が少なく痩せている方には丁度いいのではないでしょうか。
よく30キロ切ったらダメな高齢者がいらっしゃいます。
うなぎは栄養も高いですし、ご飯も進みます。
突然、うなぎが食べたい!と思われる方も戸棚の中に忍ばせておいて非常食としていかがですか?
長期保存が可能で6ヶ月持ちます。
うなぎは貰ったら、足向けて眠れません!というくらい高級感がありますね。
よく「ひつまぶし」を言い間違えて「ひまつぶし」と言ってしまいますが、
それはさておき、うなぎって食べたら国産とほかの物がはっきり分かって誤魔化しが利かないですし、
あのたれだけでも食べたいとうなぎを特定して食べたいときがありますね。

愛媛県のお土産一六タルトといえば、あんこがのの字の、箱をあけてビニールを破れば
あんことほんのりゆずの香りがしましたが、
今は小包装のおみやげがあり、便利になりました。
濃厚なあんこはなま柚子とマッチして、ポエムとともに愛媛のお土産と言えば当然この一六タルトです。
全国のお土産ベスト30にも堂々と選ばれました。
あんこと生地のバランスがいいのが選ばれる秘訣じゃないでしょうか?
あんこは甘めで濃いのですが、生地はあっさりとしています。
クリーム色とあんこの黒の対比も美しく、個包装の一切れも美味しかったです。
やわらかいのでお年寄りにも安心して食べれます。
もちはのどを詰まらせたらどうしようと不安になりますよね。
だけど、高齢者は和菓子がすき。
そんな悩みを持つ方にはぴったりです。
15切れ入りですので、自宅で数日間は楽しめますし、贈り物としても最高です。
母は愛媛出身なので、一六タルトをどこかから仕入れてきて、
テーブルの上にどーんと乗っているときがあります。
家族みんなの味ですね。
愛媛県出身の方は特に常備されているのでしょうか?

ふなっしーは千葉県の非公認キャラクターだとここ数年活動していますが、
最早、千葉県のキャラクターではなくて、日本のキャラクターです。
どうしてあんなに縦に飛べるのでしょうか?
あのテンション、ガッツ!この前イッテQにゲスト出演していましたが、
宮川さんより、ふなっしーの方が出来そうと思ったのは私だけでしょうか?
あの姿で車に乗れるとか凄いでしょう。
ふなっしーの中の人(こういう書き方だめって)すごいモテてるらしい。
いや、あれは梨の妖精。妖精にしてはデカすぎると思ってはいけない。
それを言うなら妖精は妖怪と同じ分類かもしれないので。
と、余談はここまでとして、最近、キャラクターものは可愛いけれど、味がもうひとつ・・・。
ということはもうないですね。
可愛いふなっしーのプリントがされていて、袋のお腹の部分から顔が覗いている。
袋も可愛いし、中身も可愛い。
子供から大人まで知らない人間はいませんね。
はねる姿と、洋ナシプッシャーが好きです。
パフォーマンス製の高いキャラクターです。
クッキーを食べたらふなっしーのように元気になれるかな?

京都はんなり宇治抹茶団子は値段も安く、小さい茶だんごがびっしりと並んだ抹茶色の可愛らしい、もちもちの団子で、
おいしさの秘訣は2度蒸すことにあります。
ううむ、安くて美味しい。お茶の濃厚な味がしっかりとついています。
2段に分かれていますが、1段ずつ、ビニールで挟まれています。
取り易くて箱の大きさも丁度いいのでお土産に好まれます。
あんこが苦手な方がいるときにもお勧めです。
実はこのはんなり茶団子!夫が京都へ行くたびに自分用に買ってくるのです。
夫が寝ている間に1本頂いてですね~。ひっそり盗むのです。
うん、無許可で食べると美味しいです。男の人も好きな味とはこのことかなあとも。
甘すぎず、苦すぎず、お茶の味がしっかりとついています。
1個が小さいので、子供にも安心して召し上がれます。
甘いものが苦手なお子様がこの茶団子にハマるそうです。
10本入りなので大勢のお子様が居たときは分けれて程よいです。
幅広い年齢層の方に楽しまれる銘菓ですね。
夫が京都から帰ってきたときはこのはんなり団子がカバンの中に入っているのか確認してから、
先に夫に寝てもらいます。

東京青山と来ると都会のセンスある街を連想します。
そんな中でも、特にこのドーナツは揚げているのではなく、
焼いているのでカロリーの心配が消えます。
しかもドーナツの記事も6種類別々にあり、何度お土産に買っても構わない味です。
また、買ってきたの?ではなく、今度は何を食べようかなあとなります。
焼きドーナツにチョコレートがかかっています。
つぶつぶ苺と苺生地、ホワイトチョコレートとプレーン、バナナチョコとチョコレート生地、
コクのあるビターチョコとビター味の生地、国産チョコの抹茶と抹茶生地、紅茶のチョコと紅茶の生地。
しっとりとしていて風味もよく、焼き菓子のバウンドケーキのイメージです。
チョコレートがコーティングしてあるので冷蔵庫に冷やして食べると美味しさが増します。
無添加と言うのも嬉しい限りです。
6個1080円ですので、購入しやすく、カラフルなので喜ばれます。
パッケージも可愛くて、会社や友人の家へ持っていくのにぴったりの大きさです。
唯一の心配は種類がひとつずつ違うので取り合いになるかもしれません。
紅茶のドーナツが食べたいかも。

鹿児島県産のむらさき芋けんぴが500g980円とお買い得で登場。
たっぷりと入っているから、ちまちまと食べて行きたくなります。
むらさき芋を蜂蜜とグラニュー糖でコーティング。
固過ぎず、丁度良い具合で、原材料もシンプルで安心できます。
2袋で送料無料です。
むらさき芋はアントシアニンを含んで、肝機能を良くしたり、美肌効果があったり、老化が防げたりと
いたれりつくせりの成分です。
あのむらさき色からそれが出ています。
国産の芋は安心できます。何が入っているのか分かりやすいのもいいですね。
業務用の袋でどどーんと送られてきます。
適度な固さがあり、シンプルな分、小学生から中学生の成長期のお子様のいる家でも購入されています。
500グラムあれば大丈夫だと思っていても、ついついつまんですぐになくなってしまうのもこのお菓子の特徴です。
2袋で送料無料なので、送料を考えると2袋購入されることをお勧めします。
ポテトやサツマイモのスティック状のお菓子よりも、
栄養価が高くて、おしゃれです。
お友達と一緒に食べると楽しい時間を過ごせます。
是非、いかがですか?

京都の栗豆餅、丹後名産の黒豆餅は黒豆たっぷり、表面に黒豆のつぶつぶの大きいものが目に飛び込んできて、
黒豆はこうでないといかん!と思います。
柔らかいもちは良く伸びて、黒豆も丹後という地産のものだから、美味しいだけではなく安心して召し上がれます。
きなこがまぶせるようにきなこが一袋入っています。
柔らか、もちもちが7個いり。
取り合いになりますね。
旅館のお茶受け菓子としても選ばれている黒豆餅は、
黒豆の希少性から、もち自体は少し小さめですが、
旅館で食べたあ味が忘れられない!とお取り寄せも多い商品で
リピーターの多い食品です。
お年賀にも選ばれていますね。
正月のお年賀はいつも沢山のお菓子に囲まれ、
美味しいおせちのめぼしいものが無くなったら、
さあ、お菓子を開けようかとなります。
家族の食べるものは地産の安心できるものがいいですね。
甘い黒豆がおせちに入っていても、あれは甘すぎて・・!と言う方も、
まめに働くという縁起物ですので、買っておいて損はないです。
しかし、美味しくてこぶりな7個かあ。
取り合いになるから、人数の少ないときに開けようかなあ。

晴れの国、岡山県。その意味は日本で一番降雨量が少なく、過ごしやすい気候だと何かの小説に書いてありました。
桃は岡山の気候に良く合い、車で岡山に行くと何故か白い紙に筆で「もも もも」と書いていました。
すげえ、桃!やはり桃太郎の出身地だからでしょうか?
桃は美味しいスイーツですが、値段が高くて中々手が出ません。
白桃ぷりんは高級プリンです。
40g8個入りで、ぷりんが少し小さいとの声もありましたが、
桃ピューレが入っていて、明らかに原材料高いもん、仕方がない。
よし、1日1個にしよう。と思います。
常温保存が可能なので、戸棚に入れて保管も出来ますし、桃プリンの個包装も高級。